<h1>免疫力と花粉症の関係とは?</h1>

免疫力と花粉症の関係とは?

免疫力と花粉症の関係とは?近年、猛威を振るっている花粉症。花粉症に罹る人が増えている背景には、免疫力の低下傾向が関係していると、私は思っています。

 

私たちに備わっている免疫細胞には、外部から侵入してくるウイルスや異物を排除する役目があります。

 

免疫には、自然免疫と獲得免疫というタイプがあり、自然免疫は病原体などに働きかけ、それでも退治できなかったものに対し獲得免疫が働くシステムになっています。

 

さて、花粉症を含むアレルギーに関しては、後者の獲得免疫と関係があります。獲得免疫はさらに、液性免疫と細胞免疫に部類されるのですが、これらのバランスがとれている状態が理想的です。

 

健康が維持されていれば何ら問題なくバランスは保たれています。ところが、生活習慣の乱れなどからバランスが崩れてしまうと、液性免疫が強くなり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなるのです。

 

つまり、免疫のバランスを維持する意識を持つことで、花粉症対策になるわけです。バランスを保つために何をしたらいいかというと、最近は乳酸菌が効果があると言われ注目を集めています。

 

ある乳酸菌には、細胞性免疫の活動をサポートする働きがあることが分かっています。

 

どのような乳酸菌でも、腸内改善に役だちます。免疫細胞の多くが腸内にあるため、乳酸菌の摂取は間接的に免疫アップの助けになると言えるでしょう。

▲TOP